数値の一括操作機能アップデートのお知らせ

News

数値の一括操作機能アップデートのお知らせ

Manageboardの数値の一括操作機能が


アップデートされました。

Manageboardでは、予算作成時の入力アシスト機能として、「数値の一括操作」機能を提供しています。

今回のアップデートでは、数値の一括操作機能のバリエーションを拡張することで、従来以上に様々なパターンの数値シミュレーションを手軽に行えるようになりました。

機能の概要

バリエーションの追加

月次計画(計画PL)において、勘定科目ごとの計画値作成時の入力アシスト機能である「数値の一括操作」のバリエーションが、従来の3種類から7種類へと拡張されました。

機能アップデート後の数値の一括操作のバリエーションは以下のとおりです。

 

  • 毎月同額 ※旧名称「一括入力」
  • 前期実績(同月) ※旧名称「前年同月」
  • 前期実績(平均) ※新機能
  • 当期実績(最終月) ※新機能
  • 当期実績(平均) ※新機能
  • 当期着地(均等) ※新機能
  • 当期着地(前年波動) ※旧名称「前年波動」

 

前期実績(平均):前年実績の平均値を計画に反映

当期実績(最終月):当期実績の最終月の値を反映

当期実績(平均):当期実績の最終月の値を反映

当期着地(均等):入力した値を年間計画値として、年間計画値から当期実績値を差し引いた残額を均等按分した値を反映

 

今回のアップデートにより、前期や当期の実績値を使用しながら、様々な前提における数値のシミュレーションをワンクリックで実施できるようになりました。これにより、予算や予測の設定がより簡単に行えるようになります。

複数パターンにおけるシミュレーションに対する工数にお悩みの企業や会計事務所様は是非お問い合わせください。

Related Posts