会計ソフトデータの汎用インポート機能の開発・リリースのお知らせ

Manageboard2.0に会計ソフトデータの汎用インポート機能がリリースされました

予算管理をしている企業の経営者は、予算を達成して企業を成長させるため、そして外部環境の変化に素早く対応してアクションを取るために、予算と実績のタイムリーな比較・分析を非常に重視しています。
しかし、エクセルやスプレッドシートで予算管理している企業の多くでは、毎月の実績を会計ソフトからエクスポートして予算と比較・分析できる状態にするために作業コストが大きく、実績の更新作業がタイムリーな予実分析をするためのボトルネックになっています。

 

そのため、ナレッジラボはManageboard2.0に会計ソフトデータの汎用インポート機能を開発・リリースしました。

 

Manageboard2.0では会計ソフトから勘定科目や部門・補助科目・取引先・品目などのマスタ情報および仕訳を取り込んで、財務会計のマスタ情報を用いた予算作成や実績との予実分析を行うことができますが、本機能のリリースにより、従来では取り込めなかった会計ソフトでも同様に会計データを取り込めるようになります。
それによって、P/L・B/S・C/Fの財務3表連動モデルを素早く構築し、予算の作成・シミュレート、およびタイムリーな予実分析が可能になります。

機能の概要

  • 勘定科目csvで任意の列を指定して勘定科目を取り込める。
  • 仕訳csvで任意の列を指定して、部門・補助科目・取引先・品目などのマスタ情報を取り込める。
  • 仕訳csvで任意の列を指定して、仕訳を取り込める。
  • その結果、P/L・B/S・C/Fの財務3表連動モデルを素早く構築し、予算の作成・シミュレート、およびタイムリーな予実分析が可能になる。

Manageboard2.0に着地予測レポート機能がリリースされました

予算管理をしている経営者にとって、「今期の予算をいかに達成するか」は大きな関心ごとです。

 

予算管理をしている企業では、週次などの頻度で各事業部のKPI実績や今期の着地予測を更新し、予算達成に向けたアクションプランを検討しています。

 

しかし、実績や着地予測の更新においては、管理部門と各事業部とのコミュニケーションが必要となって多くのコミュニケーションコストがかかるほか、最新の実績に基づいた着地予測をExcelやスプレッドシートで作って予算予測分析するコストが大きく、多くの中小企業で課題となっています。

 

さらに、昨今の経営環境の変化は激しく、数ヶ月前に立てた計画通りに事業が進捗しない事態は頻繁に発生しており、よりタイムリーで正確な経営状況の把握と、最新の経営状況に基づいた見通しの可視化が必要になっています。

 

そのため、ナレッジラボはManageboard2.0に着地予測レポート機能を開発・リリースしました。

 

Manageboard2.0では会計ソフトから仕訳を取り込んで財務会計の実績との予実分析を行うことができますが、本機能のリリースにより、直近の実績に基づいた今期の着地予測を当初予算と比較・分析することが可能になります。

 

さらに、成り行きの着地予測と当初予算の差額や比率が明確にレポート上に表示されることで、意思決定に関わるメンバーが定量的な情報と共通認識に基づいた議論を行い、当初予算の達成に向けたアクションプランの見直しや予算の見直しなどの意思決定を迅速に行うことができるようになります。

機能の概要

  • 月次の比較表で、実績と計画バージョンを組み合わせて着地予測を表示できる
  • 予算と着地予測の差額や比率を自動計算して表示できる
  • 毎月や年間合計の予算予測分析ができる