コメント機能の開発・リリースのお知らせ

Manageboardに、レポートに対して定性情報を追加できるコメント機能がリリースされました。

一般的な予算管理の現場において、部門責任者は、予実差異に対する理由、背景などについて説明責任を負います。非同期的なコミュニケーションにおいては、定量情報である数値に加えて、定性情報であるテキストをもってそれらの説明が行われますが、多くの企業では、数値は表計算ソフト、文字情報は表計算ソフト内のコメント機能やドキュメントツールが利用されています。

いずれも予算管理におけるコミュニケーションに最適化されたツールではないため、定性情報の収集にかかるコミュニケーションコストがかかり、結果として、社内の情報が一元化されず、課題の抽出や打ち手の検討を迅速に行えないという課題が存在します。

Manageboardでは従来より、レポート機能を提供しており、表計算ソフトでは実現できないタイムリーで柔軟な数値の集計や分析の体験をユーザーに提供してきました。

一方で、レポート内に定性情報を追加する機能を提供しておらず、定性情報を追加するためには、レポートの数値をCSVファイルでエクスポートした上で、表計算ソフトやドキュメントツールなどで二次加工する必要があるという課題がありました。

 

そこで、ナレッジラボは、Manageboardにコメント機能を追加開発・リリースしました。

本機能のリリースにより、レポートに直接コメントを残すことができ、Manageboard内で定量情報と合わせた定性情報の一元管理が可能となります。

さらに、後述のメンション機能やコメント一覧機能と合わせて活用することで、社内のコミュニケーションコストを大幅に削減することが可能となります。

機能の概要

レポートのセル単位でコメントが可能

 

レポートのセルにコメントを残すことできます。コメントはスレッド形式で保存され、コメントに対する返信も同一スレッド内で行うことが可能です。

特定のメンバーに対してメンション

特定のメンバーに対してメンションをつけたコメントを残すことができます。コメントを受け取ったユーザーは、Manageboard内の通知画面やメール通知から、コメントを受け取った事実を確認することができます。

コメント一覧でコメントの視認性向上

レポート内に残されたコメントは一覧画面で確認することができます。フィルタ機能を利用すれば、解決ステータスや送信者、受信者単位でコメントを絞り込むことが可能です。

また、コメント一覧から特定のコメントへ簡単に移動ができるため、一覧情報から個別情報まで網羅的に確認することができます。

本機能により、社内のコミュニケーションコストが大幅に削減されます。

また、Manageboard内に定量情報と定性情報を同時に蓄積することができるようになるため、過去情報の参照による振り返りや新たな打ち手の検討を行うことが可能となります。

定量情報と定性情報の一元管理や予算管理における社内コミュニケーションに課題を抱えていらっしゃる企業様は是非お問い合わせください。

Manageboard2.0マネジメントプランに「スプレッドシート連携機能」がリリースされました。

経営環境の変化が激しい昨今、数か月前に立てた計画通りに事業が進捗しない事態が頻繁に発生しており、よりタイムリーで正確な経営状況の把握と、最新の経営状況に基づいた見通しの可視化へのニーズが高まっています。

 

Manageboardでは従来より、「月次計画機能」「詳細計画機能」「詳細実績機能」を提供しており、勘定科目単位だけではなく、KPI単位でのタイムリーな数値更新による予算・予測管理をユーザーに提供してきました。

 

一方で、Manageboard内の数値を更新するためには、Manageboardにログインし、数値をCSVファイルでインポートするか、手入力で数値を編集する必要があり、数値の更新に一定の工数が生じてしまうという課題がありました。

 

そこで、ナレッジラボは、Manageboard2.0のマネジメントプランにGoogleスプレッドシート(以下、「スプレッドシート」といいます。)からManageboardにワンクリックで数値を連携できる「スプレッドシート連携機能」を追加開発・リリースしました。

 

本機能のリリースにより、スプレッドシート経由で、簡単にManageboard内の数値を更新できるようになります。

 

予算管理で使用するスプレッドシートの形式は個社ごとに独自性がありますが、スプレッドシート内で数式や数値を参照させることで、既存のスプレッドシートを活かしながら、簡単にManageboard内の数値更新が可能となります。

 

さらに、部門や勘定科目に対する閲覧権限もスプレッドシート上に反映することが可能なため、統制の観点からも安心して利用できる仕様となっています。

機能の概要

スプレッドシート内のManageboardアプリから予算管理のフォーマットを取得

スプレッドシートの拡張機能からManageboardアプリをインストール後、Manageboardに登録された勘定科目やKPIのマスタ情報を取得できます。

Manageboardに登録されたマスタ情報が更新された場合、マスタ情報だけを抜き出してスプレッドシートに反映することも可能です。

 

ワンクリックでManageboardに数値を反映

スプレッドシート上の数値をワンクリックでManageboardに反映することできます。

数値を反映するシートを選択できるため、たとえば、部門ごとにファイルを分割し、各部門の責任者によって各部門ファイルの数値が更新されたタイミングでManageboardに数値を反映することも可能です。

権限にも対応

Manageboard内で設定された勘定科目や部門の閲覧権限をスプレッドシートに反映することが可能です。

Manageboardでは、複数軸で堅牢な権限設定が可能ですが、スプレッドシートにもその権限設定を引き継ぐことができるため、統制上の観点でも安心して利用できます。

本機能により、計画およびKPI実績値更新の工数が大幅に削減されます。

また、SFA(営業支援システム)やCRM(顧客管理ツール)とスプレッドシートを連携し、スプレッドシートに情報を集めることで、スプレッドシートを介して様々な一次情報を簡単にManageboardに集約することが可能となります。

スプレッドシートを使用した予算管理に課題を抱えていらっしゃる企業様は是非お問い合わせください。

 

※本機能はマネジメントプランのみでご利用いただけます。

Manageboard2.0マネジメントプランに、本社共通費を簡単に事業部門に配賦できる「配賦カスタマイズ機能」がリリースされました。

部門別会計を採用している企業の多くは、特定の事業部門に割り当てられないコストを本社部門に負担させています。

 

本社部門が負担するコスト、すなわち本社共通費は、管理会計上、一定の基準に則って事業部門に配賦されますが、多くの企業がエクセルなどの表計算ソフトで複雑な配賦計算を行うことに大きな課題を抱えています。

 

シンプルな配賦計算であっても、部門や勘定科目マスタの更新に応じて計算ロジックの変更が求められ、特に以下のような配賦計算を行っている企業は、表計算ソフトで配賦計算を行うことに膨大な時間を投下しています。

 

・本社部門の他、事業共通部門が存在し、多段階で配賦している

・配賦元である本社部門が複数存在する

・勘定科目単位で異なる配賦基準(ドライバ)を使用している

・人員数などの非財務項目を配賦基準(ドライバ)として使用している

・複数の配賦パターンが存在し、パターンごとに部門別損益をシミュレーションしている

・管理会計用の段階利益および勘定科目を設定している

 

本社部門で発生するコストは、事業部門がサービス提供をするために不可欠なコストであり、本社共通費は全社単位で回収する必要がありますが、共通費配賦を行わないと、事業部門の意識が本社共通費に向かず、事業部門の利益で本社共通費を回収できない可能性が生じてしまいます。

 

経営管理上、本社共通費を事業部門に配賦することが望ましいですが、煩雑な計算の実行やそのメンテナンスが難しいため、多くの企業が配賦を行わない、あるいは実態にそぐわない、非常に簡便な配賦計算を行うにとどまっています。

 

そこで、ナレッジラボはManageboard2.0のマネジメントプランに配賦カスタマイズ機能を追加開発・リリースしました。

 

本機能のリリースにより、複雑な配賦計算を最小限の設定でレポートに反映することができ、より精緻な部門別損益管理を実行できるようになります。

 

企業によって配賦計算のルールは様々であり、企業規模が大きくなるにつれ、その計算ルールは複雑化します。本機能は、できるだけ多くの企業の配賦ルールを再現できるよう、配賦計算に必要な要素を分解し、それぞれのパーツを作成・組み合わせることで、企業オリジナルの配賦ルールを再現できる仕様となっています。

さらに、複雑になりがちな配賦計算を最小限のステップで実現できるよう、UI(ユーザーインターフェース)も工夫しています。

機能の概要

複数の配賦バージョンの作成およびレポート上での切替

配賦の計算パターンをバージョン管理することができ、レポート上でバージョンを切り替えながら複数パターンのシミュレーションを行うことが可能です。

 

配賦バージョンの切替可否は権限で制御できるため、事業部門のメンバーに対して、意図しない数字の見え方を防止することも可能です。

 

複数の配賦基準(ドライバ)の作成

配賦計算の基準となる配賦ドライバを複数作成することが可能です。

 

配賦ドライバは「財務基準」「非財務基準」を選択することができ、「財務基準」を選択した場合、売上高や販売費及び一般管理費などの財務数値を基準に配賦ドライバが作成され、「非財務基準」を選択した場合、人員数や工数などの非財務数値を基準に配賦ドライバが作成されます。

 

作成した配賦ドライバを勘定科目単位で設定することが可能なため、たとえば「給与手当は人員数基準」、「交際費は売上高基準」のように、勘定科目と配賦ドライバを自由に組み合わせることができます。

多段階配賦計算にも対応

本社部門の他、事業共通部門が存在する企業向けに、多段階の配賦計算にも対応しています。

 

段階利益や勘定科目を管理会計用にカスタマイズできるため、たとえば営業利益の直下に、「全社共通費配賦後営業利益」「事業部共通費配賦後営業利益」などの段階利益を表示することが可能です。

本機能により、配賦計算にかかる工数は大幅に削減されます。

 

また、部門マスタの変更や勘定科目マスタの変更にも簡単に対応できることから、メンテナンスコストも最小限に抑えることが可能です。

 

配賦計算に課題を抱えていらっしゃる企業様は是非お問い合わせください。

 

 

※本機能はマネジメントプランのみでご利用いただけます。

Manageboard2.0アドバイザープランにカスタムレポートのテンプレート機能が追加されました

会計事務所にとって、毎月の月次報告で使用する各種レポートは、クライアントに提供する重要な成果物の一つです。多くの会計事務所では、この成果物の作成に時間がかかるほか、担当者の会計・ITリテラシーによって成果物の品質にバラつきが出るという課題を抱えています。

Manageboard2.0では、「カスタムレポート」および「標準レポート」という2種類の枠組みのレポート機能を提供していますが、特にカスタムレポートにおいて、柔軟に設計できるという特長を有する反面、担当者ごとに異なる型によってレポートが作成されてしまい、事務所として成果物の品質を均一化しにくいという課題がありました。

 

そこで、ナレッジラボはManageboard2.0のカスタムレポートにテンプレート機能を追加開発・リリースしました。

 

本機能のリリースにより、会計事務所内のメンバーが作成したカスタムレポートをテンプレート化し、他のメンバーが他のクライアントでそのレポートの型を利用できるようになります。

これにより、カスタムレポート作成が大幅に効率化される他、経験豊富なメンバーの成果物を他のメンバーに共有することで、会計事務所として成果物を高いレベルで標準化することが可能となります。

 

利用方法の一例として、「飲食業用テンプレート」のように、業種ごとのレポートテンプレートを作成し、そのテンプレート内で「FL比率」のような業種特有の財務指標を設定することが可能となります。これにより、他の飲食業クライアントにおいて、時間をかけずに同じようなレポートを作成できるようになります。

 

さらに副次的な効果として、経験の浅いメンバーが、経験豊富なメンバーの成果物を簡単に参照できるようになることで、ノウハウ取得やスキル開発の促進も期待されます。

機能の概要

カスタムレポートテンプレートの登録
  ○クライアント内で作成されたカスタムレポートをテンプレート登録
  ○登録されたテンプレート一覧はすべてのクライアント組織内で閲覧可能
●テンプレートを利用したカスタムレポートの作成
  ○登録されたテンプレートをベースにカスタムレポートを作成
  ○カスタムレポートの枠の他、書式設定や列設定、指標設定などの情報が引き継がれる

Manageboard2.0に借入金管理機能が追加されました

企業経営における「借入金」は、事業拡大や設備投資などの資金需要に対する資金調達手段の一つであり、企業の成長を支える重要な役割を果たします。

日本では、リスク管理や金利上昇への懸念から、過去20年間で借り入れをしている企業の割合と借入残高は共に減少傾向にありましたが、2020年のコロナ禍を契機に、借り入れをしている企業の割合は84.4%、借入残高は469兆円となり、ともに過去20年で最高の水準となっています(東京商工リサーチ「第2回 全国無借金企業調査」、及び日本銀行「資金循環統計(速報)(2022年第4四半期)」より)。

このように日本企業の経営における借入金が果たす役割はますます重要になっていますが、借入金が増えれば、利息の支払いが財務状況を悪化させ、元本返済によって財務キャッシュフローに影響を与えることになります。そのため、将来の資金繰り(キャッシュフロー予測)を検討する際には借入金の契約ごとの返済予定を織り込むなど、少しでも確度の高い資金繰り予測を立てることが重要になっています。

 

そこで、ナレッジラボはManageboard2.0に借入金管理機能を開発・リリースしました。

 

本機能のリリースにより、金融機関や支店の情報を設定した借入金を登録し、財務キャッシュフローに借入金の明細を反映することで解像度を上げた資金繰りを作成できるようになります。

機能の概要

●借入金の登録
  ○金融機関や支店情報の登録
●財務キャッシュフローに借入金の明細を反映
  ○借入金ごとの収入・支出の反映

Manageboard2.0に法人税等のシミュレート機能が追加されました

中小企業の経営者にとって、「消費税」や「法人税、住民税及び事業税」(以下、「法人税等」という。)の節税対策は大きな関心ごとです。
国税庁が公表した「令和2年度分会社標本調査」結果によると、同年度分の法人数280万社のうち黒字法人(利益計上法人)は105万社(37.7%)となっており、リーマン・ショック後の2009年に過去最も割合が低い27.2%となった黒字法人割合は、10年連続で増加するなど近年増加傾向にあります。
企業が納める税金では消費税や法人税等が占める割合が大きくなっていますが、期末まで時間的猶予があれば、不動産の売却・機械装置への設備投資・生命保険への加入・決算賞与の支給など、実施できる節税対策の幅が広がるため、期中におけるタイムリーな納税予測(最新の業績予測に基づいた納税額の試算)が重要になってきます。
近年は利益を計上する黒字法人が増加傾向にあることから、期中におけるタイムリーな納税予測の重要性がますます高まっていますが、税務調整や繰越欠損金など諸条件を加味した法人税等の試算を頻繁に行うことは会計事務所にとって負荷が高く、課題になっています。

 

そこで、ナレッジラボはManageboard2.0に法人税等のシミュレート機能を開発・リリースしました。

 

本機能のリリースにより、各クライアントの最新の業績予測に基づいて、税務調整や繰越欠損金などの諸条件を加味した法人税等の納税額を、簡単かつタイムリーに試算できるようになります。
タイムリーな納税予測によって資金繰りの解像度が上がり、余裕のある資金繰りが可能になるほか、節税対策においても期末までの時間的猶予をもって検討することで実施できる節税対策の選択肢が広がり、事業資金に余裕を持つことができます。

機能の概要

●法人税等の試算
  ○税引前当期純利益から税務調整・繰越欠損金を加味した課税所得の試算
  ○課税所得から税率・税額控除を加味した法人税等の試算
●法人税等の試算結果の反映
  ○中間納付税額を加味した確定納付税額の試算
  ○法人税等の額または確定納付税額を計画PLに反映