夏季休暇に伴うお問合わせ窓口休業のお知らせ

平素は、Manageboardをご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。
誠に勝手ではございますが、Manageboardサポートは夏季休業のため、お問い合わせ対応をお休みさせていただきます。

 


 

休止期間: 2021年8月6日(金)15:00 ~ 2021年8月16日(月) 10:00

 


 

休業期間中もメールによるお問い合わせは受け付けておりますが、
当社からの回答は8月16日以降順次対応となりますので、 何卒ご了承くださいませ。

 

なお、休業明けは、通常より回答までにお時間をいただく場合もございます。
あらかじめご了承くださいませ。

 

皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。

 

Manageboard2.0を提供する株式会社ナレッジラボは、アドバイザープランの提供を開始しました。
アドバイザープランは、中小企業を支援する会計事務所やコンサルタント向けのプランです。

 

■ アドバイザープランリリースの背景

Manageboard2.0は、業績予測、キャッシュフロー管理などの機能を有するクラウド型予算管理システムです。

会計事務所様は、中小企業の経営者に寄り添い価値あるアドバイスを提供する存在として広く認知されています。このことから当社でも、会計事務所様は中小企業を支援する重要なアドバイザーであると認識しています。

コロナ禍で中小企業の資金繰り見通しの重要性が高まる中、会計事務所様とともに中小企業の経営をより良い方向へとサポートしていくため、アドバイザープランのリリースに至りました。

 

■ Manageboard2.0について

Manageboard2.0は、「変化を乗り切る柔軟な経営」と「目標達成のための計画的経営」を同時に実現するためのシンプルでフレキシブルな予算管理システムです。
https://service.manageboard.jp/

 

 

_______________________________________________________

 

■ 株式会社ナレッジラボについて
所在地  :大阪府大阪市中央区今橋2丁目5−8 トレードピア淀屋橋9階
代表者  :代表取締役CEO 国見 英嗣
事業内容 :SaaS予算管理プラットフォーム「Manageboard」の運営、事業再⽣・業務改善コンサルティング
ミッション:日本中の中小企業の経営インフラを変えていく
設立   :2012年10年
URL   :https://knowledgelabo.com/
株主   :株式会社マネーフォワード 51%

 

■ 本件に関するお問合せ先
ナレッジラボ事務局
TEL:06-6809-7072
Mail:contact@knowledgelabo.com
担当:高木・保谷

 

*記載されている会社名および商品・製品・サービス名(ロゴマーク等を含む)は、各社の商標または各権利者の登録商標です。

 

Manageboard2.0を提供する株式会社ナレッジラボ(代表取締役CEO:国見 英嗣、本社:大阪府大阪市、以下「ナレッジラボ」)は、Manageboard2.0とfreee株式会社の「クラウド会計ソフトfreee」(以下、「会計freee」)がAPI連携を開始したことをお知らせします。
これにより、会計freeeの会計データをManageboard2.0へ簡単かつ短時間にインポートすることができ、計画作成や予算実績管理がよりスピーディーに実現可能になります。

 

■ API連携開始の背景

Manageboard2.0は、様々な会計ソフトから会計データを取得し、計画作成や予算実績管理ができるツールです。
これまで、マネーフォワードクラウド会計及びマネーフォワードクラウド会計Plus以外の会計ソフトの場合には、CSVファイルでのインポートが必要でした。この場合、会計ソフトから所定の形式で複数のファイルをエクスポートし、Manageboard2.0で同ファイルを指定しインポートする必要があるため、ユーザー様に一定の工数を要していました。

今回のAPI連携開始に伴い、これまでより少ない工数で会計データのインポートが可能になり、ユーザー様の利便性が大きく向上します。

また、会計データのインポートがスピーディーになることで、会計データを必要とする計画作成や予算実績管理について、これまで以上に手軽に実現できるようになります。

 

■ Manageboard2.0と会計freeeの連携機能のご利用方法

API連携はManageboard2.0にログインし、設定します。
詳細の設定方法はこちらをご覧ください。

 

■ 留意事項

今回のリリースはManageboard2.0に関するものです。現行のManageboardについては、会計freeeと既にAPI連携しております。
Manageboard2.0はこちら
Manageboardはこちら

 

■ Manageboard2.0について

Manageboard2.0は、「変化を乗り切る柔軟な経営」と「目標達成のための計画的経営」を同時に実現するためのシンプルでフレキシブルな予算管理システムです。
https://service.manageboard.jp/

現⾏のManageboardとの主な違いとして、⽉次でのPL/BS/CF連動、タグによる多軸分析、レポートやユーザー権限のカスタマイズが可能であり、操作性も⼤きく向上しています。

 

_______________________________________________________

 

■ 株式会社ナレッジラボについて
所在地  :大阪府大阪市中央区今橋2丁目5−8 トレードピア淀屋橋9階
代表者  :代表取締役CEO 国見 英嗣
事業内容 :SaaS予算管理プラットフォーム「Manageboard」の運営、事業再⽣・業務改善コンサルティング
ミッション:日本中の中小企業の経営インフラを変えていく
設立   :2012年10年
URL   :https://knowledgelabo.com/
株主   :株式会社マネーフォワード 51%

 

■ ナレッジラボのこれまで
ナレッジラボは公認会計士や税理士で創業し、事業再生やITツールの導入支援など経営管理コンサルティング業務を行ってきました。
上記業務と並行し、2018年より中堅中小企業向け予算管理ツール「Manageboard」の開発・提供を開始しました。
ナレッジラボ自身が中小企業であり、マネーフォワードグループのグループ会社として日々自社の予算管理に向き合っている「当事者」です。
この「当事者」としての経験と、これまでの経営管理コンサルティングで培ったノウハウを活かし、「Manageboard」の開発を推進しています。

 

■ 本件に関するお問合せ先
ナレッジラボ事務局
TEL:06-6809-7072
Mail:contact@knowledgelabo.com
担当:高木・保谷

 

*記載されている会社名および商品・製品・サービス名(ロゴマーク等を含む)は、各社の商標または各権利者の登録商標です。

 

当社はこのたび、「Manageboard販売パートナー制度」を開始しました。

 

⻑引くコロナ禍において、資⾦繰りに不安を覚えている会社様は多く存在します。
Manageboardの特徴は、直感的な予算作成や更新、資⾦繰り予測ができることです。
この特徴を最⼤限に活かし、コロナに負けない安定した会社経営を推進します。

 

当制度の販売パートナーは主に会計事務所様を想定しています。
中⼩企業を最も理解しているのは会計事務所様です。
その会計事務所様にパートナーになって頂くことで、業績⾒通しや資⾦繰り予測を必要としているより多くの会社様に、
Manageboardをお届けできることになります。

販売パートナー制度について

 

■ 背景
当社は2018年よりManageboardの提供を開始しました。当初より会計事務所様において、顧問先様の業績管理にご活⽤頂いています。
会計事務所の法⼈関与割合は約90%(注1)と⾼く、中⼩企業の重要な経営パートナーとして広く認知されています。今回の制度開始に伴い、会計事務所様を通じ、より多くの⽅々にManageboardをご利⽤いただけるようになります。
Manageboardは将来1年間の業績や資⾦繰り予測を誰でも⼿軽に作成できることが特徴です。コロナ禍で中⼩企業の資⾦繰り予測の重要性が⾼まる中、Manageboardを活⽤頂くことで、経営の安定化を図ることができます。

 

(注1)
令和元事務年度 国税庁実績評価書 P134 参考指標 2:税理⼠関与割合 法⼈税89.3%より
https://www.mof.go.jp/about_mof/policy_evaluation/nta/fy2019/evaluation/202010ntahyokazentai.pdf

 

■ 制度の仕組み

販売パートナー様から、Manageboardにご興味をお持ちの会社様をご紹介いただく制度です。
ご紹介いただいたエンドユーザー様(会計事務所の顧問先様等)がご成約に⾄った場合、その利⽤料⾦の⼀部を紹介⼿数料として販売パートナー様にお⽀払いいたします。

 

■ 紹介⼿数料
エンドユーザー様のManageboard利⽤料に応じた⼀定⾦額

 

■ ご利⽤を推奨するエンドユーザー様
・飲⾷、美容、⼩売、介護、保育など多拠点型のビジネスを展開している会社様
(会計上の部⾨が多く、Excelを使っての予算管理が煩雑である)
・キャッシュフローの⾒通しを作成されておらず、急な借⼊がしばしば発⽣される会社様
(3ヶ⽉先、半年先の現預⾦残⾼が分からず、漠然とした不安を感じている)
・創業間もない会社様、経営管理専任のご担当者がおられない中⼩企業様
(経営管理の仕組みが弱く、これから仕組みを構築する必要がある)

 

■ 今後の⽅針
ナレッジラボはこれまでのManageboardに加え、Manageboard2.0をリリースし、現在は⼀般事業所様にご利⽤いただいています。今後はManageboard2.0について、主に会計事務所様を対象としたパートナープランをリリース予定です。
クラウドの強みを活かし、パートナープランでは会計事務所様からご要望として頂いたお声を基礎に、継続的に機能改善を進めていきます。

 

_______________________________________________________

 

■株式会社ナレッジラボについて
所在地 :⼤阪府⼤阪市中央区今橋2丁⽬58
トレードピア淀屋橋9階
代表者 :代表取締役CEO 国⾒ 英嗣
ミッション:⽇本中の中⼩企業の経営インフラを変えていく
設⽴ :2012年10年
URL :https://knowledgelabo.com/
株主 :株式会社マネーフォワード 51%

 

■ナレッジラボのこれまで
ナレッジラボは公認会計⼠や税理⼠で創業し、事業再⽣やITツールの導⼊⽀援など経営管理コンサルティング業務を⾏ってきました。
上記業務と並⾏し、2018年より中堅中⼩企業向け予算管理ツール「Manageboard」の開発・提供を開始しました。
ナレッジラボ⾃⾝が中⼩企業であり、マネーフォワードグループのグループ会社として⽇々⾃社の予算管理に向き合っている「当事者」です。
この「当事者」としての経験と、これまでの経営管理コンサルティングで培ったノウハウを活かし、「Manageboard」の開発を推進しています。

 

■本件に関するお問合せ先
ナレッジラボ事務局
TEL:06-6809-7072
Mail:contact@knowledgelabo.com
担当:⾼⽊・保谷